広告配信システム「ADステッカー」スタートアップガイド

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 PHPスクリプト, 説明書

広告配信システム「ADステッカー」とは?

 

mb09a_l

 

ADステッカーは、ホームページ(WEBサイト)やブログに設置した広告枠を自動販売し、ほぼメンテナンスフリーで広告料収入を自動発生さ続けるために開発されたWEBシステムです。

 

あなたのホームページ(WEBサイト)やブログに数行のHTMLソースを貼り付けるだけで広告枠を設置でき、この広告枠に広告を出したい訪問者(クライアント)に対してペイパル決済連動で広告枠(広告料)を全自動で販売できます。

もちろん、クライアントへの広告枠(広告料)販売が発生した場合、即時自動的にクライアントの設定した広告の配信が開始されます。

 

設置を終え初期設定を終えれば、

 1)クライアント(出稿者)の募集
 2)クライアントへの広告枠(広告料)自動販売
 3)広告料収納後、速やかにクライアントの広告を自動配信
 4)広告掲載期限が終了した広告は速やかに配信を終了
 5)配信停止をクライアントにメール通知・再出稿を促す

これらのサイクルを全自動で処理し続けます。

 

 無限の資源、収益の可能性も無限大

あなたがホームページ(WEBサイト)やブログを公開し続ける限り、これらのコンテンツは半永久的に継続してアクセス(PV)を集め続けます。

この「半永久的な、無限のアクセス」を「資源、収益に変換する」最も直接的な方法が、コンテンツの一部分に広告配信スペースを設け、広告掲載を希望するクライアントにPRスペースとして提供するという方法です。

ADステッカーは、この「無限の資源を収益化する」というプロセスを自動化することを目的に開発されました。

 

設置が完了し、広告料金設定など必要最小限の設定が完了したADステッカーは、「広告枠自動販売・自動配信マシーン」としてほぼメンテナンスフリーで動作し続けます。
(※但し、最低1つ以上のWEBページやブログに、1つ以上の「広告貼付コード」を設置しないと実際に広告が配信されません)

「広告貼付コード」により設置された広告配信エリアには、

 ここにあなたの広告を掲載できます!

といった新規クライアント募集メッセージリンクも挿入可能。

常に休むことなく自動でクライアント(広告出稿希望者)を募り続けます。

 

あなたは収益を得るために何か特別な追加投資を行い続ける必要も、追加で労力を払い続ける必要もありません。

これまでと同じようにホームページ(WEBサイト)やブログの更新を、あなたのペースで続けるだけでプラスアルファの追加収益が期待できます。

 

配信期限つきランダム広告を自動管理

ADステッカーは、あなたがホームページ(WEBサイト)やブログに設置した「広告エリア」に対して、登録された広告をランダムで配信し続ける「ランダム広告」型の広告配信システムです。

ランダム広告型だからこそ、1つの広告エリアに対して複数クライアント・複数の広告を募集&配信することができます。
(※広告エリア個々を管理する機能はありません。複数のページや記事に広告エリアを設置した場合でも、それぞれには共通の広告リストからランダムで広告が配信されます)

 

また、クライアントが配信登録した広告にはそれぞれ「配信期限」が設定されており、もちろん配信期限を超過した広告は自動的に配信停止処理を行います。
(※配信期限が終了した際、その広告を出稿したクライアントにはメールで「配信終了のお知らせ」が自動で送信されます)

この自動処理はcronによるジョブ設定など一切不要で、特別な追加設定も必要ありません。
(※cronが利用できないサーバでも動作できます。また、自動処理に関してサーバ側に特別なライブラリや設定も一切要求しないため、およそ殆どのレンタルサーバで自動処理を行うことができます)

 

また、例えば、

 ・お試し1日配信 = 100円
 ・1週間配信   = 500円
 ・1ヶ月配信   = 1,500円

など、もちろん「配信期間と広告料」はあなたが自由に設定することができ、管理モードからいつでも広告料金メニューの追加・削除・編集を行うことができます。

 

ペイパル決済との連動で全自動を実現

ADステッカーはペイパル決済との連動により、

 1)クライアント(出稿者)の募集
 2)クライアントへの広告枠(広告料)自動販売
 3)広告料収納後、速やかにクライアントの広告を自動配信
 4)広告掲載期限が終了した広告は速やかに配信を終了
 5)配信停止をクライアントにメール通知・再出稿を促す

このサイクルを全自動で処理し続けることが可能です。

全くノータッチでクライアントに広告枠を販売し続け、全くノータッチで広告料受け取り済みの広告に対する配信を開始し、全くノータッチで配信期限が終了した広告の配信を停止…さらに、クライアントに広告配信終了をメールで通知して追加配信手続きを促します。

 

しかしながら、全て全自動で処理されるということは、少なからずあなたが意図しないような「好ましくない広告」が自動で登録・配信されてしまうという可能性もまた秘めています。

そこで、ADステッカーでは「相応しくない広告の通報機能」を搭載しており、オプションとしてこの機能を使用することが可能です。

これは、広告ユニットの下部に「相応しくない広告の通報」リンクを表示させることで、表示された広告を不愉快・コンテンツに相応しくないと判断したビジター(閲覧者)からの報告を受け付けることができる機能です。
(※リンクをクリックすることで「通報フォーム」に移動する機能です)

ビジターは名前やメールアドレスを明かさずに報告を行うことができ、報告を受け取ったあなたは「匿名の報告」のため個々に返信を行う必要もありません。
(※但し、ビジターのIPアドレスは併記されるため同一人物からの重複報告はチェック可能です)

 

報告に基づき調査することで、好ましくない広告はワンクリックでディアクティブ(配信の停止)に設定できます。

逆に、ディアクティブ(配信の停止)となった広告もワンクリックでアクティブ(配信対象広告)に復旧できます。

 

新規クライアント開拓に効果的な「3つのポイント」を網羅

当然ですが、あなたのホームページ(WEBサイト)やブログに対して広告を出稿してくれるクライアント(広告依頼者、出稿者)が多ければ多いほど、あなたの広告料収益も増収となります。

新規クライアントを獲得するためには、

 ・媒体情報を提示すること
  (どのサイトで広告を配信し、どれだけのPVがあるか?)
 ・配信した広告のインプレッションやクリックが確認できること
 ・実際に無料でトライアルできること

この3つが重要です。

ADステッカーではこれらを実現するため、

 1.「媒体データ設定」機能
 2.クライアント用画面でのインプレッション/クリック簡易統計開示
 3.プロモーションコード発行による無料トライアル実現

それぞれの機能を搭載しています。

 

 

ADステッカーの動作条件

ADステッカーをお使いのサーバに設置・運用するためには、次の条件を満たしている必要があります。

 

 1.WEBサーバ(レンタルサーバ)
  = PHP4.3以降がインストールされているWEBサーバ
  = http.confにて.htaccessの利用が許可されている環境
  = cURLが利用可能な環境
 ※VALUE DOMAINさんのXREA+以上(ドメイン込み年額\3,390~)がお勧めです

 2.ペイパルアカウント
  = 広告料金自動収納のためにビジネスアカウント(無料)必須

 

なお、ADステッカーはスマートフォン(スマホ)端末での表示への最適化は行っていますが(※)フィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」)端末での表示への最適化は図られていません。
(※Android4系OS搭載型4インチディスプレイ端末およびiPhone4Sにて確認を行っていますが、その他OSや端末仕様により必ずしも全てのスマートフォン端末で最適な表示が行われる保証まではいたしかねますこと、何卒ご理解ください)

もちろん、一般的なPCブラウザには対応しています。

 

 

免責事項

このWEBシステムは必ずあなたがお使いのWEBサーバに設置できるとは限りません。

また、WEBサーバ仕様・設定により必ずしも意図したとおりの挙動を示す保証まではできかねます。

このWEBシステムを利用することにより、あなたが必ず広告料収益を手にすることができるという保証まではできかねます。

この説明書に記載されている以外の機能も実装されていますが、それ以外にあなたが「実装されているだろう」と予想されている機能が網羅されているという保証はできかねます。

追加での作業要求や指導、情報提供の要求にお応えできるという保証はできかねます。

その他、「ルナテムジン」スクリプト利用規定の範囲を超える対応要求にはお応えできかねます。

 

 

ADステッカーの運用準備

 ADステッカーを導入する際、事前に下記のような準備が必要になります。

 

 (1)paypal(※)ビジネスアカウントの作成
 (2)paypalマイアカウントでの設定変更
(※)paypal…クレジットカード決済を利用できる決済サービスです。

 

まず、paypalにビジネスアカウントを作成(1)し、事業者(販売者)としてクレジットカード決済による販売を行うことができるように準備する必要があります。

 その後、ADステッカーとpaypalを連動させるためにpaypalマイアカウントにていくつかの設定を行います(2)。

これで、paypal側の準備は完了です。

 

ここでは、これらpaypal(ペイパル)側設定に関してご案内しています。

 

(1)paypalビジネスアカウントの作成

まずはPaypalにてアカウントの作成(無料)を行います。

paypalのアカウントを作成しただけでは事業者としてクレジットカード決済を取り扱うことはできませんが、事業者としてクレジットカード決済を取り扱うことが可能になる「ビジネスアカウント」を取得する前段階として、まずはアカウントを作成する必要があります。

以下、paypalのWEBサイトから新規アカウント作成の導入部分までをご案内させていただきますが、これらはあくまで本レポート制作時の内容になります。

現在はpaypal側の変更などにより、内容に変化がある場合も考えられます。

必ずpaypalWEBサイト側の解説・指示を優先していただけますようお願い申し上げます。

 

アカウントの作成は無料で、paypalのWEBサイトから容易に作成できます。

まずはpaypalのWEBサイトにアクセスします。

 【リンク】「paypalWEBサイト」

 

g02

 

paypalのWEBサイトにアクセスしたら、図の赤丸で囲んだ部分にある「新規登録」ボタンをクリックします。

続いて「paypalアカウントの作成」画面が表示されますので、

 ・「国または地域」
 ・「言語」

ともに「日本」になっていることを確認し、アカウントの種類は「ビジネス」を作成する必要がありますので「ビジネス」の「開始」をクリックします。

続いて登録情報を入力する画面、入力確認と続き、ビジネスアカウントが作成されます。

 

g03

 

 

g04

 

 

 

(2)paypalマイアカウントでの設定変更

ビジネスアカウントが作成されたら、次にpaypalの決済サービスとADステッカーを連動させるためにpaypalマイアカウントにて次の設定を変更します。

 

 (2)-1「ウエブペイメントの設定」
 (2)-2「言語エンコード設定」

 

(2)-1「ウエブペイメントの設定」

本スクリプトは、paypalマイアカウントの「注文ボタン作成」機能を経ずに、スクリプトに登録された商品情報(広告料金メニュー)を元に独自にpaypal注文ボタンを作成します。

このため、paypalマイアカウントの「ウエブペイメントの設定」にて「暗号化されていないウエブペイメントの受領拒否」を「オフ」に設定していただく必要があります。

 

「ウエブペイメントの設定」は、次のように行います。

 

(1)paypalのWEBサイトにログインします
(2)画面上部のナビゲーションメニューから「個人設定」をクリックします

g05

(3)「販売ツール」⇒「ウエブサイトの設定」「更新」をクリックします
g06

(4)「暗号化ウエブペイメント」を設定します
画面中ほど(やや下)の「暗号化ウエブペイメント」の設定項目で、「暗号化されていないウエブペイメントの受領拒否」を「オフ」にします。

g07

これで、「ウエブペイメントの設定」は準備できました。

 

(2)-2「言語のエンコード設定」

ADステッカーは、UTF-8という文字コードを使って開発されたWEBシステムです。

paypal側から送られてくるデータの文字コードを、この「UTF-8」に合わせてあげないと、受け取ったデータが文字化けして表示されてしまい、同時にシステムの動作にも重大な支障を及ぼしかねません。

 

そこで、paypal側から送信されるデータの文字コードをUTF-8に合わせてもらう必要があり、このpaypal側から送信されるデータの文字コードを指定する準備が、「言語のエンコード」です。

 

以下の手順で準備を行ってください。

 

(1)paypalのWEBサイトにログインします
画面上部のナビゲーションメニューから「個人設定」をクリックします
g05

 (2)「販売ツール」⇒「PayPalボタンの言語コード化」をクリックします
g08

 (3)「詳細オプション」をクリックします

g09

(4)エンコード方式を「UTF-8」に選択し、「保存」をクリックします

g10

※エンコード方式をUTF-8に設定すると、言語が「西欧言語(英語を含む)」と表示されますが、動作・表示に支障はございませんのでご安心ください。

 

以上で、ADステッカーとペイパルを連動させるための準備は完了です。

 

 

ADステッカーをWEBサーバに設置

本スクリプトの設置は、以下の【3ステップ】で設置可能です。

 
 【ステップ1】フォルダごとサーバにアップロード
 【ステップ2】6つのディレクトリのみパーミッション変更
 【ステップ3】インストールプログラムを実行

ステップ3ではインストールプログラム実行中に運用設定(基本設定)を行う場面がございますが、ここで設定した運用設定は管理画面からいつでも設定を変更可能です。


以下の順番に沿って設置作業を行ってください。

 

【ステップ1】フォルダごとサーバにアップロード

まずはADステッカーの構成ファイルを「フォルダごと」、準備したサーバにアップロードします。

ADステッカーの構成ファイルとは、システムを構成するスクリプト(プログラム)や画像ファイルなどの素材のことで、これらは「lls」フォルダに収められています。

 

フォルダ「lls」をサーバ上の任意のディレクトリにアップロードすると、サーバ上に/lls/ディレクトリ(ディレクトリ…サーバ上のフォルダ)が出来、この中に全ての構成ファイル(スクリプト、画像素材など)が含まれます。

 

サーバへのアップロードは、通常はFTP転送ソフト(FTPクライアント)というソフトを使って行います。

FTP転送ソフトには、無料で入手でき、無料で使用できる「FFFTP」や、IBM社の「ホームページ・ビルダー」に付属の「FTP転送」が一般的ではないかと思います。

もしもこれまでにサーバ上にファイル等をアップロードした経験が無く、FTP転送ソフトをお持ちで無い場合には、今ほど触れました「FFFTP」を導入されるが適切だと思います。

 

 【リンク】:「SOTA web pageさん FFFTPのページ」

 

上記リンクからは、初心者の方にも分かりやすく解説されている、とても素晴らしいFFFTPのサポートページへのリンクが掲載されていますので、使用方法等に関してはそちらをご覧になられることをお勧めいたします。

 

なお、構成ファイル(「lls」フォルダ)をサーバにアップロードされる際は、アップロード先のディレクトリを覚えておいてください。

 

一般的なサーバでは、「公開用ディレクトリ」として、/public_html/ディレクトリが存在します。

例えばお使いのサーバが http://www.hoge.com/ というURLであった場合、/public_html/ディレクトリに「lls」フォルダをアップロードすると、URLで表した際の/mos/ディレクトリは、

 

 http://www.hoge.com/lls/

 

…となります。

 

独自ドメインを利用せずレンタルサーバ側のドメイン下でWEBサイトを運営している場合は上記のような形では無く、例えばあなたが利用しているアカウント名が「my_web」だった場合…

 

 http://www.hoge.com/my_web/lls/

 http://www.hoge.com/~my_web/lls/

 

…といった形になる場合もあります。

 

【ステップ2】「7つのディレクトリのパーミッションを変更」

構成ファイル「lls」フォルダのアップロードが完了したら、7つのディレクトリに関してパーミッション変更を行う必要があります。

 

パーミッションの変更を行う必要があるのは、次のディレクトリです。

 

/lls/(親フォルダです。変更不要です。)

L /b/ … 「707」に変更(llsディレクトリの中です)
  /dat/ … 「707」に変更(llsディレクトリの中です)
  L/click/ … 「707」に変更(datディレクトリの中です)
  L/count/ … 「707」に変更(datディレクトリの中です)
  L/kessai/ … 「707」に変更(datディレクトリの中です)
  L/pdat/ … 「707」に変更(datディレクトリの中です)
  L/t_log/ … 「707」に変更(datディレクトリの中です)

 

上記ディレクトリ(都合7つまたは8つ)のパーミッションを「707(参考値)」に変更します。

但し、設定するパーミッションに関しては、お使いのサーバによっては異なる設定が必要な場合もあります。
(例えばPHPスクリプトは「755」、データディレクトリは「666」など)

「707」はあくまで目安ですので、サーバ側で指示がある場合にはサーバ側の指示した設定を優先してください。

 

パーミッションの変更は、殆どのFTP転送ソフトで、

 

 「変更したいファイルやディレクトリを選択して右クリック」

 

することで変更メニューを表示できます。

 

ga01

 

 

【ステップ3】インストールプログラムを実行

アップロードおよびパーミッション変更が完了したら、ブラウザから管理画面にアクセスします。
下記のURLにアクセスしてください。

 

 http://(設置したサーバのドメイン)/lls/admin.php

 

これが、ADステッカーの管理画面のURLになります。

すでにインストールが完了していば、このURLにアクセスすると「管理者としてログイン」するためのログイン画面が表示されます。

 

001

 

 

しかし、インストール前にアクセスした場合に限りインストール画面が表示されますので、画面に表示されるガイドに従ってインストール作業を行ってください。

 

003

 

【!】インストールプログラム前半はライセンス認証手続きとなりますので、下記情報を予めご用意ください

 ■「ルナテムジン」よりご注文時の【注文番号】
 ■「ルナテムジン」よりご注文時に使用された【メールアドレス】

 

 

なお、インストールプログラムをはじめとして、各用語や機能に関して随所に表示されている「?」マークをクリックすることでヘルプを参照できます。

各用語や機能の意味・解説に関しては、これらヘルプをご参照いただけますようお願いいたします。

 

 

インストールプログラムによるインストール作業完了後、管理モードにアクセスできます。

引き続き、管理モードから運用の準備を進めてください。

 

 

設置後の運用準備

続いて管理モード側より運用準備を行います。

まず、管理モードにはじめてアクセスした場合、画面上部に次のような警告が出ています。

002

これらの警告メッセージは、それぞれ「出稿ガイドラインの設定」「特商法表示の設定」「メール署名の設定」画面にリンクしていますので、各設定画面にて最初に設定を行ってください。
(それぞれ設定欄を空欄で設定することでプリセットの内容を設定できます)

 

各設定画面からは、いつでも画面右上に表示されている「管理モードトップ」ボタンをクリックすることで、管理モードトップ画面に戻ることができます。

 

001

 

 

 「出稿ガイドラインの設定」「特商法表示の設定」「メール署名の設定」各設定を完了後、再び管理モードトップに戻った際、表示されていた警告メッセージが消えていることを確認してください。

 

002

 

 

引き続き、次の手順を参考に準備を進めてください。

 

 1.「広告料金メニュー管理」を実行
 2.「媒体データ設定」を実行
 3.「広告貼付コード取得」を実行

 

「広告料金メニュー管理」を実行

クライアント(広告掲載者)に請求する広告料金メニューを設定します。

広告料金の設定を行うには、管理モード画面左側のメニュー一覧より「広告料金メニュー管理」をクリックします。

003

次に、画面中ほどにある「新しいメニューを追加する」ボタンをクリックします。

004

 

画面の流れに沿って広告料金メニューを設定・追加してください。

005

 

 

広告料金メニューは、基本的に

 ・配信期間
 ・価格

の組み合わせてで1つの料金メニューになります。

 

最低でも1つ以上の広告料金メニューを登録してください。

なお、クライアントから見た実際の注文画面では、広告料金メニューは自動的に

 価格の安い順にソートされて提示されます

006

 

「媒体データ設定」を実行

媒体データとは、

 ・広告はどんなコンテンツ(サイト)に掲載されるのか?
 ・掲載されるコンテンツのPVはどれくらいか?

といった判断材料をクライアント(広告掲載者)に提供するものです。

次の項で触れる「広告貼付コード」を貼り付けたホームページ(WEBサイト)やブログなどのコンテンツを媒体データとして登録し、クライアントに対して「これだけのコンテンツに、あなたの広告を掲載します!」といったアピールを行うことが可能です。

 

なお、媒体データは登録しなくてもADステッカーの動作自体に影響はありません。

媒体データの設定を行うには、管理モード画面左側のメニュー一覧より「媒体データ設定」をクリックします。

007

 

続いて「媒体データを追加する」ボタンをクリック。

008

 

画面の流れに沿って媒体データの追加・設定を行ってください。

009

 

 

 

「広告貼付コード取得」を実行

広告貼付コードとは、あなたが広告を配信したいホームページ(WEBサイト)やブログのHTMLに貼り付けることで広告の配信を行うことが可能となる、数行のHTMLソースです。

この広告貼付コードを設置した箇所に、ADステッカーに配信登録されている広告がランダムで配信されます。

 

広告貼付コードを取得するには、管理モード画面左側のメニュー一覧より「広告貼付コード取得」をクリックします。

010

 

図のようにHTMLソースが記述されたフォームが表示されますので、このHTMLソースをコピーします。

011

 

コピーしたソースを、広告を配信したい全てのWEBページやブログ、ウィジェット等のHTMLソースに貼り付けてください。

 

 

以上でADステッカーを運用する準備が一通り整いました。

詳しい用語や各機能の意味、注意事項などは管理モード画面上随所に配置された「?」マークや[click]ウインドウにて都度ご説明させていただいていますので、是非ご確認のうえ準備を進めてください。

 

 

 その他の主要機能

ここまででご案内した以外の主要な機能いくつかに関して、ケース別にご案内させてください。

 

管理者自身が広告を作成・配信したい

ADステッカーには管理者自らが広告ユニットを作成・配信する機能も用意されています。

但し、管理者が作成する広告ユニットはクライアントが作成・配信中の広告ユニットと比較して次のような特徴があります。

 

 1.配信有効期限は自動的に「無期限有効」となる
 2.クライアント広告ユニットと異なり「削除」が可能
 3.作成が完了した時点で即時配信開始となる

 

管理者が自ら広告ユニットを作成・配信するには、まず管理モード画面左側のメニューから「広告ユニット管理」をクリックします。

a

続いて「新しい広告ユニットを追加する」ボタンをクリックすると、広告ユニット作成画面に移動できます。

b

 

 

クライアント新規登録ページへのリンクは?

ADステッカーで配信される広告ユニットには、設定の組み合わせにより最低でも1つ、最大で3つまでのクライアント募集リンクが自動的に表示されるようになっています。

d

これらは全て、

 http://(YOURDOMAIN)/lls/

上記URLにリンクしており、これが新規クライアント募集・登録受付ページとなっています。

e

広告ユニットに対して自動的に追加されるこれらの「クライアント募集リンク」の他に、例えばクライアントを募集する専用のWEBページやブログ記事を用意される場合、クライアント新規登録ページは先ほどの

http://(YOURDOMAIN)/lls/

このURLをリンク先としてお使いください。

 

 

無償サポートのご用命方法

ADステッカーには無償サポート期間が付属しており、サポートセンター経由での無償サポートご用命がご利用いただけます。

サポートセンターでは、これまでに他のお客さまよりお寄せいただいた事例を含め、過去のサポート事例全てをご覧いただけます。

また、過去のサポート事例をご覧いただいてもご不明な点や問題が解決できない場合、サポートセンター有効期限内に限り無償サポートをご用命いただけます。

なお、サポート事例閲覧に関しては、サポートセンター有効期限が切れていても、何度でもご利用いただけます。


この製品のサポートセンターへは、「ルナテムジン」のマイページからアクセスできます。

 (マイページ) http://www.papma.net/mosp2c4i/my.php
 ※パスワードをお忘れの場合はパスワードリマインダーをご利用ください。

「マイページ」にアクセス後、「ご購入履歴」のページからサポートセンターにアクセスできます。

関連記事

DL販売システム「mosファミリー」シリーズWEBマニュアル(動作確認編)

mosファミリーの動作確認 テストとしてフリーウエア版を設置いただいた際はもちろんのこと、本稼

記事を読む

【無料配布中】ツイート促進でクチコミ加速!「バズFREE」

ツイート拡散(バズ)を促すことで、即効性あるアクセスアップを!WEBページ・ブログ記事のツイート

記事を読む

DL販売システム「mosファミリー」シリーズWEBマニュアル(設置・準備編)

はじめに この度は「mosファミリー」シリーズをご選択いただき、誠にありがとうございます。

記事を読む

[無料]ブログ記事やWEBページにカウントダウンを表示できるシステム

CM /   ルナテムジン「スピッツZERO2」は、ブログ記事やWEBページにリ

記事を読む

buzzツイート促進システム「バズ」スタートアップガイド

buzzツイート促進システム「バズ」とは? ルナテムジン「バズ」シリーズ(MB-10シリーズ)

記事を読む

[DL販売システム共通] ペイパル決済の準備~サーバの確保

導入前に必要な準備 mosファミリー製品(LT製ダウンロード販売システム)を導入する際、事前に

記事を読む

[無料]ブログやホームページでダウンロード販売ができるシステム

ebooks gratis descargar / melenita2012  

記事を読む

Comment

  1. […] 「ADステッカー」スタートアップガイド http://gift.papma.net/post-151/ 【!】無料スクリプトで設置・動作可否をご確認 ルナテムジンでは、ルナテムジン製スクリプトがお使いのサーバ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

[150801] 広告エリア無料開放中!

このニュースレターのコンテンツを幾つか移動または終了させていただく

[150725] 今週は「会員制サイトの素」が、その場でアタル!

まるで狙われているかのように週末ごとに台風がやってきますね。今週は

[150718] 今年こそ「世界の終り」!? / その場でアタル!「スピッツJr」

このたびの台風11号の影響で多少に関わらず難儀を受けられた皆さまに

[150711] 【完全無料!】 DLセンター付のDL販売システム 「チワワMe」、無料配布開始

きのうはとても蒸し暑かった…という地域が多かったんじゃないでしょう

[150704] 【Jrシリーズ】第一弾、「スピッツJr」リリースしました

今週は「スピッツ」強化週間!? 既に1400名以上の皆さまにダウ

→もっと見る

  • エラー: Invalid or expired token.
PAGE TOP ↑